襟足の脱毛は産後いつからできる?

妊娠前は襟足脱毛していた女性も、妊娠中は肌が敏感になったり、ホルモンの影響で毛が濃くなりやすく施術の効果が出にくくなるなどの影響があるため、お休みしなくてはなりません。
そのため赤ちゃんを産んだ後はいち早く再開したいと思う人も多いでしょう。実際、産後の襟足脱毛はどのくらいの時期から可能になるものなのでしょうか。

サロンによって対応は異なりますが、卒乳後、あるいは出産後最初の生理が来たらOKとしているところが多くなっています。が、おすすめは卒乳後です。
というのも、授乳中はまだホルモンバランスが元に戻っていないため、肌が敏感になっておりトラブルを起こすリスクが高い状態にあるからです。
また授乳中は母乳の分泌を促すプロラクチンというホルモンが分泌されていますが、そのために毛が濃くなってしまうことがあり、施術をしても思うような効果が得られないことがあるのです。
授乳中の施術はNG、というのはあくまでこうしたお母さんの肌や毛の状態によるもので、母乳への影響は一切ありません。

施術に使う光やレーザーは、毛に含まれる黒いメラニンに反応して毛根と毛乳頭を破壊するもので、肌のごく表面だけに届くものです。
体の奥深くまで届くものではありませんから、心配は要りません。
もっと詳しい情報を知りたいということなら襟足脱毛ができるサロン情報まとめを一読するといいでしょう。