ひとりカラオケに憧れる日々

ひとりカラオケに憧れています。
できることならば、ひとりカラオケを推奨しているカラオケ店に行ってみたいものです。

自分の歌はそれほどうまくないのは分かっているので、正直誰かと一緒に行くのは抵抗があるのです。
それがどれだけ仲のいい人でもダメです。
むしろ、普段仲がいいのならば、それだけ幻滅されたくないと思うかもしれないですし。

ひとりで世界に浸りきって歌えることが理想ですね。
いま一番歌いたいのは「魂のルフラン」、もしくは「千本桜」です。

40代を目前として、こんなことでいいのだろうかと思わなくも無いです。
でも、歌いたいのです。
特に歌いこんでうまくなりたいのは初音ミクのほうですね。

高音で、なおかつどこで息継ぎしたらいいのか分かりませんが。
とにかくひとりカラオケに行きたいです。